こんにちは、減速のときにブレーキをあんまり使わないあやとです。

皆さんバイクの減速のときにシフトダウンしてエンジンブレーキを使っていますか?
シフトダウンをすると効率よくエンジンブレーキを使うことができます。

僕はブレーキで止まるからそんなん知らんでいいんだ!

という人いると思います。
でもよく考えてみてください。ブレーキだけで止まるのと、エンジンブレーキも使って止まるの、どっちが短い距離で止まれると思いますか?
答えはエンジンブレーキも使ったときです。

また、エンジンブレーキは長い下り坂を走るときにも使えます。
長い下り坂でブレーキを使い続けると、ブレーキが利かなくなることがあります。
エンジンブレーキを使うことで、ブレーキを使わずに坂を下ることができます。

それに、シフトダウンなしで停止すると、ギアを1速まで一気に下げないといけなくなります。
バイクが止まっている状態ではギアが入りにくい場合があり、信号待ちでもたもたしてしまいます。
また、止まってからすぐに信号が青になってしまったりすると、すぐに発進できません。

なので、いろいろな意味で減速時にシフトダウンをするのは結構大事です。

減速時にはシフトダウンをしっかりするようにしよう

でも、普通にシフトダウンをするとバイクがガックン!となって衝撃が加わりますよね。
それを解決するのがブリッピングシフトダウンという方法です。

というわけで今回の記事は、ブリッピングシフトダウンができるようになろう!という記事です!

この記事を読んでもらいたい人

        
  • 減速時にシフトダウンしてバイクがガックンとなる人
  • ブリッピングって何?という人
  • 停止距離を短くしたい人
  • 停止したあとギア下げるときにもたもたする人

というわけで、バイクのブリッピングシフトダウンについて解説していきます!

ブリッピングとは

ブリッピングってなに?という人もいると思うので、まずブリッピングとは何かを説明していきます。

ブリッピングとは・・・
シフトダウンのときにアクセルをふかして、エンジンの回転数を上げ、タイヤの回転数と合わせてあげることです。

なぜブリッピングが必要なのか

ブリッピングをしないと、シフトダウンしたときに変速ショックといって衝撃がかかります。
なんで変速ショックが起きるのかというと、
エンジンの回転数とタイヤの回転数があっていないのが原因です。

めっちゃ簡単に言うと、エンジンとタイヤはクラッチによって繋がったり離れたりしています。
下の絵みたいな感じです。

タイヤが動くのは、クラッチが繋がっていてエンジンの動力がタイヤに伝わっているからなんですね。

では、シフトダウンをしようとクラッチを切るとどうなるでしょうか。
クラッチを切るとエンジンの回転数だけすぐに落ちてしまいます

この状態でクラッチを繋いで、エンジンとタイヤをくっつけたらタイヤの回転数も急に落ちますよね。
そこで変速ショックが起きるわけです。

絵きたないですけどこんな感じです。
この変速ショックは結構衝撃が強いので避けたいですよね。

そこでこの変速ショックをなくしてシフトダウンする方法がブリッピングシフトダウンなのです。
ブリッピングをするとエンジンの回転数が上がり、タイヤとの回転数の差が埋まります。
なのでクラッチを繋いでも変速ショックがなくなるということですね。

(ちなみにシフトアップの時はギア比の関係で変速ショックは起きません。)

ブリッピングについてだいぶわかったところでやり方について解説していきます!

バイクのブリッピングシフトダウンのやり方と練習

ブリッピングシフトダウンのやり方

バイクのブリッピングシフトダウンのやり方は以下の手順です。

1.アクセル戻す
2.クラッチ切る
3.シフトダウン
4.アクセルふかす
5.クラッチ繋ぐ

実際は2~4番までの動作は同時に行っています。

最初のうちは同時にするのは難しいですよね。
なので、慣れるまではこの順番で練習すればいいと思います。

ちなみに3番と4番は、順番入れ替えてもOKです。
クラッチを切っているので、特に順番を気にする必要はないです。

文だけでは分かりづらいと思うので、動画を張っときますね!

練習の流れとポイント

それでは、ブリッピングシフトダウンができるようになるための練習とそのポイントについて解説していきます!

練習の流れ
  1. アクセルをふかして、クラッチはゆっくり離すようする。
  2. アクセルのふかす量が慣れてきたら2~4番を同時にしていく。
  3. クラッチをパッと繋ぐようにする。

ブリッピングの練習はこの流れで行うといいと思います。
いきなりうまくはできないと思うので、ゆっくり慣れていきましょう。

ここでいくつかポイントを紹介します!

練習のポイント!
        
  • 4速以上のギアで練習する
  • 2速では練習しない
  • アクセルふかす量はだいたいアクセル戻す前に開けていた量くらい

4速以上のギアで練習する

なぜ4速以上のギアで行うのがいいのかというと、高いギアの方が変速ショックが小さく済むからです。
あんまりギアが高すぎるとスピードが出ちゃうので、4速から3速に落とす練習をするのがおすすめ。

2速では練習しない

2速から1速へのシフトダウンは、速度にもよりますが他のギアよりも結構多くアクセルをふかす必要があるので、最初からこのギアで練習するのはおすすめしません。
しかも2速から1速の変速ショックはめっちゃでっかいのでびっくりします。

なので、ブリッピングにある程度慣れてきてからするのがいいと思います。

アクセルふかす量はだいたいアクセル戻す前に開けていた量くらい

ブリッピングするとき、

ブリッピングの時、アクセルをどれくらいふかせばいいんだろう?

という疑問が出ると思います。

アクセルをふかすのが足りないと、変速ショックがちょっと出るし、
アクセルをふかしすぎてしまうと、バイクがウィリーしてしまったりすることがあります。

ということで、アクセルをふかす量なんですが、だいたい減速する直前にアクセルを開けていた量くらいアクセルをふかしてあげればいいと思います。

例えば、減速する直前にアクセルを3/4開けていたとしたら、ブリッピングの時も3/4くらいふかす。
という感じですね。
言葉じゃわかりづらいかもしれないので、一応図も置いときますね。

バイクのブリッピングシフトダウン まとめ

最後にブリッピングの流れと、練習の流れとポイントをもう一度おさらいしましょう。

ブリッピングの流れ
  1. アクセル戻す
  2. クラッチ切る
  3. シフトダウン
  4. アクセルふかす
  5. クラッチ繋ぐ
練習の流れ
  1. アクセルをふかして、クラッチはゆっくり離すようする。
  2. アクセルのふかす量が慣れてきたら2~4番を同時にしていく。
  3. クラッチをパッと繋ぐようにする。
練習のポイント!
        
  • 4速以
  • 2速では練習しない
  • アクセルふかす量はだいたいアクセル戻す前に開けていた量くらい

という感じでした!

ブリッピングシフトダウンができるようになると、かなり運転しやすくなるのでぜひ練習して習得してください!
しかも、ブレーキを酷使しないようになるので、ブレーキパッドの寿命もめっちゃ延びます!笑

他にも、バイクの走り方についての記事を出しているので、気になった方は読んでみてください。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です