こんにちはあやとです。

この前、大分県佐伯市にある江武戸神社に行ってきました。
この神社のことをインスタでたまたま知って、場所を調べて行ってきました。
大分県や宮崎県に住んでいる方は行ってみるとよいのではないでしょうか。

というわけで、今回は江武戸神社のツーリングレポートです。

江武戸神社の場所

江武戸神社は大分県佐伯市蒲江というところにあります。

江武戸神社の近くは、道が細くなり、少しだけ砂利道もあるので気を付けて行ってくださいね。

空の公園が近くにあるので、それの公園についでによってもいいかもしれません。
僕は帰りに空の公園に寄って帰りました。江武戸神社からだいたい15分くらいですかね。

一応空の公園を知らない方のために簡単に紹介します。
それの公園は、海を広く見渡せるところで、天気が良くて霞んでなければ四国まで見ることができる絶景スポットです。
だいぶ有名なスポットですね。大分のバイク乗りは全員知っているレベルです。
ここでもだいぶいい写真が撮れますよ。

なので、江武戸神社と空の公園はセットで行くのがおすすめです。

江武戸神社はこんなところ

江武戸神社はかなり小さい神社です。お賽銭箱がないし、手を清める水もありませんでした。

江武戸神社の入り口はこんな感じです。

溢れ出るいい雰囲気感。

江武戸神社に入ると、まず神社によくある建物があり、その目の前に二つの石でできたぼんぼりのようなものがありました。
ぼんぼりのところは広場のようになっており、その奥に海へ出るところがあります。そこに鳥居がありました。

雰囲気がとてもいい場所でした。木漏れ日がいい感じで、人も全くいないしだいぶ落ち着けました。
僕けっこうこんな感じの雰囲気のところ好きなんですよね。
着いてから写真撮ったり、だらだらしてたら1時間半とか2時間くらい経ってました笑

江武戸神社で撮った写真

江武戸神社では、鳥居とバイクのいい感じの写真を撮ることができます。
こんな感じですね。

鳥居が小さいので、バイクと鳥居のサイズ感がいい感じにマッチします。鳥居が大きいとバイクと鳥居の割合が難しいんですよね。僕的にはですが笑。

ただ、たぶん時間的な問題だと思うんですが、横からバイクに太陽の光が強く当たって、光と影の差が大きくなってしまったので、現像の時にけっこうめんどくさかったです。
なので、太陽が真上にある時間帯に行った方がいいかもしれません。

また、鳥居まではバイクを押して行ったのですが、砂利道になっていて、大きな石もあるので気を付けてくださいね。
あと、サイドスタンドを立てるとき地面に埋まってしまうので、周りに落ちている石をうまく使ってバイクを立てた方がいいです。平たい石を探して、サイドスタンドの下に敷けばOKです。

この鳥居のほかにも、江武戸神社の広場もいい感じの木漏れ日があって雰囲気がいいので、バイクの写真を撮るのにいい場所だと感じました。
この広場でも写真を撮りました。

ぼんぼりを使ってお遊びでバイクの写真を撮ってみたりもしました。
あんまりこの写真好きじゃないんですけどね笑。遺影みたいで笑。

まあでもこんな感じでぼんぼりを使ったり、下に落ちてる木や葉っぱを使えばたくさんいい写真が撮れると思います。
普通に撮ってもいい感じになりますけどね!

江武戸神社に行ってきたまとめ

今回は佐伯市の蒲江にある江武戸神社に行ってきたよという記事でした。
江武戸神社ほんとにいいところだったので、ぜひ行ってみてほしいです。
特に、最近ツーリングスポットの場所に困っている人なんかにはおすすめです。
ただ、繰り返しになりますが、砂利道があったりするので、気を付けて行ってくださいね。

終わり

あやとのツーリング日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です