一眼レフを買って2年経ちそうなあやとです。

今回は、僕が使っているNikon D5500の紹介です。
カメラを始めようかなと思っている人の参考になればいいなと思います。

Nikon D5500ってどんなカメラ??

Nikon D5500は、Nikonが出してるエントリーユーザー向けの一眼レフカメラです。
簡単にNikon D5500のスペックを紹介します。

センサーサイズAPS-C
有効画素数2416画素
ISO感度100-25600
高速連続撮影約5コマ/秒
質量約470g
モニターバリアングル、タッチパネル
Wi-Fiあり

なんでNikonにしたのか

僕が一眼レフを買おうと思ったときは全くカメラについての知識がなかったので、Canonしか知りませんでした。
いろいろ調べていくと、カメラを作っているメーカーはけっこういろいろあって、その中でも、NikonがCanonと同じくらいのカメラメーカーだということを知りました。


なぜNikonにしたのかというと、Nikonは自然の色味が出るということを知ったからです。
僕は一眼レフを買う前は、見たままの風景を写真にしたいなと思っていました。なので、自然の色味が出るというのはかなり大きなポイントでした。
他にCanonとNikonの違いはけっこうあったのですが、これがNikonにした一番の理由です。

初めての一眼レフを買う時に意識したところ

僕が、初めての一眼レフを買う時に、何を意識して選んだのか紹介します。

        
  • エントリーモデル
  • 画素数
  • 可動式モニター
  • 値段

これらの条件に合ったのがNikon D5500でした。

エントリーモデル

一眼レフの種類はたくさんあります。
なので、どの機種がいいのかおすすめをいろいろ調べてみました。

これまで写真をほとんど撮らず、写真の知識なんて一つもない僕がいろいろ調べた結果、よくわからなかったので、
とりあえず初心者だからエントリーモデルにしよう!
ということで、エントリーモデルのカメラにすることにしました。

画素数

一眼レフを買う時は、画素数が多い方が画質がいいと思っていたので、画素数が多い方がいいなと思っていました。
なので、画素数をめっちゃ気にしていました。

可動式モニター

バイクの写真を撮るときには、ローアングルから撮ることもあるなと思ったので、可動式のモニターの機種にしようと思いました。
可動式モニターでなかったら、ローアングルからの撮影は地べたに寝転がらないといけないので撮影が大変になります。
なので可動式モニターかどうかを意識しました。

値段

最後に意識したのは値段です。
やはり学生はお金がないので、高いものは買えません。
できるだけ安いものにしようと思いました。
新品は高いので、中古をヤフオクで探しました。

Nikon D5500の良いところ・悪いところ

良いところ

        
  • 基本操作のボタンが右側
  • レンズが豊富
  • バリアングルモニター
  • Wi-Fiでその場でスマホに送れる

基本操作のボタンが右側

Nikon D5500は撮影時に設定する基本の操作のボタンがすべて右側の親指あたりにあります。
なので、フォーカスを覗きながら設定をするのが非常にやりやすいです。

レンズが豊富

Nikon D5500はレンズが豊富です。
Nikonの純正レンズだけでなく、シグマやタムロンなどのサードパーティー製のレンズもたくさんあります。レンズ選びには困りません。

バリアングルモニター

Nikon D5500はバリアングルモニターです。モニター部分が動くのでローアングルやハイアングルからの写真がかなり撮りやすいです。また、一応自撮りもできます。僕はやったことないけど笑
でも、このバリアングルモニターはかなり使えます。

Wi-Fiでその場でスマホに送れる

Nikon D5500には、自分からWi-Fiを出し、それを使ってスマホに写真のデータを送ることができます。
とても簡単に送れるし、どこにいてもその場で送ることができます。
なので、すぐに写真をSNSにアップしたり、加工したりすることができてとても便利です。

悪いところ

        
  • ライブビュー撮影ではオートフォーカスが甘いことがある
  • 高感度撮影はノイズがけっこう出る
  • 動画撮影の時オートフォーカスの音が大きい

ライブビュー撮影ではオートフォーカスが甘いことがある

Nikon D5500はモニターを見ながら撮影する「ライブビュー撮影」では、オートフォーカスを使ったときのピントが甘いことがあります。
広角~標準の焦点距離のときにはそうでもありませんが、望遠レンズを使ったときはたまに甘くなります。
なので、何回か撮らないといけないことがあります。
ただ、ライブビュー撮影でピントが甘いことを調べてみても全然ヒットしないので、僕のレンズが悪いのかもしれません笑

また、ライブビュー撮影では、ピントがたまに迷うことがあります。
何回かオートフォーカスのさせればピント合いますけどね。

高感度撮影はノイズがけっこう出る

Nikon D5500は、ISO感度が100-25600までありますが、画素数が多いので、高感度にするとけっこうノイズが目立ちます。
だいたいISO1600くらいまでが使える範囲で、ISO3200くらいまではぎりぎりいけるかな?という感じです。

僕はノイズが目立ってほしくないので、上げてもISO1600くらいまでしか上げてません。

動画撮影の時オートフォーカスの音が大きい

動画撮影の時は、ピントを合わせながら撮影するのですが、ピントを合わせるときのオートフォーカスの音が大きくて動画の中に音が入ってしまいます。
なので動画撮影のためにカメラを考えている方には絶対におすすめしないです。

初めてのカメラにNikon D5500はおすすめ!

というわけで、今回は僕が使っている「Nikon D5500」の紹介でした。
このカメラを選んだ理由や、良いところ・悪いところをお話ししてきました。

まとめると、
Nikon D5500はカメラ初心者におすすめ!
です。

初心者に扱いやすく、安くて手も出しやすいし、レンズも豊富でいろんな写真が撮れるので、とてもおすすめです。

一応リンクを張りましたが、ヤフオクが安いのでおすすめです。新品はたぶんないと思うので、中古でもいいと思います。僕も中古で買いました。中古買う時には、商品説明や画像を見てしっかりと判断してくださいね。

ちなみに今は新しいモデルのNikon D5600は新品で売っているので、お金に余裕があればこっちでもいいと思います。

おわり。

関連記事:バイク×カメラは最強!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です