こんにちは、フェリーに初めて乗ったあやとです!!

今回は、四国カルストに行ってきた日記です。

なんだただの日記か

っと思ったそこのあなた!!その通りです笑
でもこれを読んだらきっと四国に興味を持つはず!!バイクで行きたいところが増えるはず!!フェリーを使ってツーリングに出たくなるはず!!
より楽しいバイクライフにつながると思いますよ!!

それではツーリング日記出港!

四国カルストツーリング:その1.フェリー

九州から四国に行くためには、フェリーを使う必要があります。

僕は今回佐賀関港から三崎港までの国道九四フェリーに乗りました。

このフェリー、なんと前日予約ができました!

当日券も売っているようで、積載スペースに空きがあれば、予約なしで乗船できるようです。
往復券を予約すれば少し割引があります。前日に予約しても割引があるので、予約するのがおすすめです。

フェリー乗り場には、出港30前までに着かないと予約取り消しになるようです。余裕をもって着くようにしましょう!
ちなみに僕は、当日にそのことに気づき、めっちゃ焦りました笑

フェリーに乗るときには、二輪車→車の順番で入っていきます。僕は二輪車だったので、一番に入りました。乗るときは、

これから旅に行くんやあああ!

みたいな感じでめっちゃテンション上がりました。
前日楽しみすぎて全然眠れなかったのに眠気なんかなかったですね笑

僕は今回「遊なぎ」という船に乗ったのですが、けっこうコンパクトな船で、1階に売店、座席、何人かが寝ころべるようなスペース、個室があり、2階に座席、個室、展望スペースがありました。
他の船はわかりませんが、「遊なぎ」には、自販機のカップラーメンしかご飯がないので、おなかすいてる方は食べてから乗ることをおすすめします。
ちなみに売店はお土産のお菓子とかしかなかったです。

四国カルストツーリング:その2.四国到着!!

フェリーに乗ってから、1時間10分ぐらいで四国に到着しました。初めての四国ということでめっちゃテンション上がりました。三崎港はとてもかわいらしい港でした。

フェリーを降りるときには、車→二輪車→徒歩の順番で下船します。フェリーに結構ぎゅうぎゅうで車やバイクが積まれていたのでびっくりしました笑

さあ、これから四国カルストに向けて出発します。

四国カルストツーリング:その3.四国カルストへゴーー!

三崎港から四国カルストへは、大体3時間くらいです。距離は133㎞でした。
ちなみに僕はGooglemapを使って行きました。

三崎港から出発すると、たくさんの風車と海を見ながら走ることができます。山を走るのですが、バイクで走りながら海を見下ろすことができて最高でした!
風車もこんなにたくさん見たことがなかったので、めっちゃテンション上がりました。

山と風車は映えます。もはや外国です。

四国カルストまでの道はほとんど田舎道のような感じで、とても走りやすかったです。あ、田舎道といっても片側一車線はありました!
やっぱり初めての道を走るのは楽しいですね。全部が新鮮ですごく楽しかったです。

途中に観光通りみたいな感じの雰囲気の道がありました。そこで写真を一枚。

                             観光道路っぽい道

四国カルストに行くには地芳峠という峠を通っていきました。
この道かなり曲がりくねっており、道も細いので、通るときはちょっと気を付けた方がいいと思います。

地芳峠を越えるとついに四国カルストです!!

四国カルストツーリング:その4.四国カルスト到着!!!

四国カルストに到着!!

四国カルストは、でっかい風車とたくさんある岩、そして大きい草原が迎えてくれます!絶景がほんとにすごくて、

やばーーーーー!えーーーー!えぐーーーー!

しか言えないマンになってました。語彙力がくそざこになってました。それくらいすごいです。

四国カルストは、標高1400mあり、眺めも絶景です。山が連なっているのが見えます。
牛もいっぱいいました。草を永遠むしゃむしゃしてました。

四国カルストには、キッチンカーが2つありました。僕はそのうちの一つのキッチンカーに行きました。
キッチンカーからは、ホットドッグのとてもいい匂いがしていたので、僕は迷わずこう言いました。

「すみません。アイスクリーム一つください。」

アイスクリームを食べました。ミルクが濃厚でとてもおいしかったです。

                     四国カルストのアイスクリーム

ピンボケしてますが、こんな感じのやつです。
見た目はサーティーワンです。とてもおいしかったです。

ほんとは、レストランに行こうかなあと思っていたのですが、なんと改装工事中でしまってました。そこはめっちゃ悲しかったです。でもアイスクリームおいしかったから許します。

ここのアイスクリームのおばちゃんから、

「最近雨やったからこんなに天気いいの珍しいよ!運いいね〜」

と言われました。運良かったみたいです。途中で曇ってきたけど笑
とてもいいおばちゃんでした。

おばちゃん!また行きます!!

四国カルストで撮った写真はこんな感じです。

四国カルスト
                        四国カルスト
四国カルストの風車との3ショット
                          四国カルストの風車との3ショット

もうちょっと居たかったんですけど、フェリーには余裕をもって着いときたかったし、港も写真映えしそうだったので、写真撮りたいなあって思って早めに出ました。

四国カルストツーリング:その5.帰り道

帰りには、道の駅きなはい屋しろかわでご飯を食べました。

文字を適当に打ったのではありません。「きなはい屋しろかわ」です。

うどんセットを食べたんですが、うどんとご飯、サラダでした。味は、おばあちゃんの家で出てくる感じの味がしました。たぶんあの道の駅は僕のおばあちゃんのお店です(めっちゃ嘘)。

帰りに、可愛らしいガソリンスタンドを見つけました。

可愛いガソリンスタンド
真ん中には塔みたいなのがある
                           可愛いガソリンスタンド

インスタのストーリーの写真ですみません笑

このガソリンスタンドなぜかめっちゃ安かったです。レギュラー138円でした。
このガソリンスタンドおすすめです!
でも、お釣りは出てこず、プリペイドカードのようなものになって出てくるので、そこは気を付けた方がいいです。初めからいくら分入れる!という感じでガソリンを入れればオールオッケーです。

そんなこんなで三崎港に到着しました。

四国カルストツーリング:その6.三崎港到着

三崎港は、古い町並みでいい感じです。
路地裏にはちっちゃいお店がいくつかあり、雰囲気が良かったです。
また、三崎港にははなはなといういい感じのお店というか広場みたいなところがあります。
こんな感じのところです。

おしゃれな都会感ある広場
はなはなというお店
                            はなはなというお店

どうですか?ちょっとおしゃれな都会の広場みたいな感じしません??
めっちゃいい感じのとこでした。
一階にはフェリーの待合スペースやお土産屋さんなどがあり、二階には、レストランがありました。

フェリーを待っていると夕焼けがめっちゃきれいになってきました。ここで夕焼けと風車のショット。

夕焼けと風車の写真
風車映え映え

めっちゃきれいですよね。四国に来なかったら撮れなかった写真です。

三崎港で撮った写真たちです。こんな写真撮れるなんて四国最高でした。

住宅街の坂道はめっちゃ急だった
でもその急な坂道だったから撮れた1枚
                           三崎港の住宅街から見た海
フェリーとの2ショット
高台でガードレールがなかったから撮れた1枚
                      上の写真の近くで撮ったフェリーとの2ショット
いい感じの路地裏
お店がいくつかあって雰囲気がいい
昭和感ある
                             いい感じの路地裏

四国カルストツーリング:その7.四国ばいばい

九州には18:30出港のフェリーで帰りました。
このくらいの時間になるとだいぶくらいですね。もう夜です。

帰りのフェリーでは、星がめっちゃきれいに見れました。海の上で明かりがほとんどないので、星がよく見えました。フェリーの光がなかったら星きれいすぎてここ宇宙??ってなってたと思います。

夜は風が強かったです。なぜかというと台風が近かったからです。僕は台風のことなんて知らなかったので、

風つよっ

くらいに思ってました笑
今考えたらフェリー欠航にならんで良かったーーー!って感じですね笑

というわけで無事に佐賀関港に到着することができました。

四国カルストツーリング:まとめ

今回は四国ツーリングの日記でした!

九州に住んでいる方は四国の行き方について少しは参考になったのではないでしょうか?
フェリーに初めて乗る人はちょっと不安だったりすることもあるかもしれませんが、チケットは当日でも前日でも買えるし、バイクはしっかり固定してくれるし、心配しなくても全然大丈夫です。
フェリーを使ったツーリングは旅感出てテンション上がるのでほんとにおすすめです。いつものツーリングよりも刺激があって楽しいです!

とにかく四国はほんとにいいところでした!四国カルストは絶対に行くべきです!

ぜひ行ってみてください!

他にもツーリング日記を書いているので、気になった方はどうぞ!

というわけでおわり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です