こんにちは、バイク乗り始めて一眼レフを買ったあやとです。

今回の記事は、バイク乗りの皆さんにバイク×一眼レフorミラーレスの魅力を伝えたい!!という記事です。

やっぱりバイクに乗り始めたらツーリング先で素敵な写真を撮りたいですよね。
というわけでなぜバイク乗りに一眼レフorミラーレスがおすすめなのか話していきます。

この記事を読んでもらいたい人

        
  • ツーリング先できれいな写真を撮りたい人
  • 一眼レフやミラーレスを買おうか迷ってる人

一眼レフ(ミラーレス)×バイクはなぜ最強なのか

まず、一眼レフ(ミラーレス)×バイクはなぜ最強なのかについて話していきます。

バイク×一眼レフorミラーレスをおすすめする理由
        
  • バイクがきれいに撮れる
  • レンズ交換によって様々なバイクの写真が撮れる
  • ツーリングの目的が増える
  • SNS映えする

バイクをきれいに撮れる

一眼レフやミラーレスは、めっちゃ画質がきれいなので、自分のバイクの写真が感動するくらいきれいに撮れます
やっぱり写真を撮るうえで画質はいい方がいいですよね。

レンズによっては、
え、もうそこにあるやん
というくらい写真がきれいです。

また、写真を拡大してもめっちゃきれいなので、気軽に写真のトリミングをすることができます
「バイクをもっと大きくしたいな」
「端っこにいらんやつが写っちゃった」
とかいうときに気軽にトリミングをして写真を修正できます。

そういった意味でも画質は正義です。

レンズ交換によって様々なバイクの写真が撮れる

一眼レフやミラーレスは、レンズによって様々な写真を撮ることができます。
例えば、上の写真は望遠レンズを使って撮影しています。
スマホではこのような写真を撮ることはできません。
このような望遠写真を撮れるのはレンズ交換ができる一眼レフやミラーレスの強みです。

一眼レフやミラーレスでは、このような写真以外にも、レンズ交換をすることでスマホなどで撮れるような超広角の写真やボケを活かした写真など様々な写真を撮ることができます。
バイクをどう撮りたいのかによってレンズを変えることで写真の幅がかなり広がります

僕は、基本は広角から望遠まで撮れる高倍率ズームレンズを使っていて、めっちゃぼかしたいときは、短焦点レンズ、バイクを星などと広くとりたいときには超広角レンズを使っています。
こんな感じでレンズの使い分けができます。

まあ、いっぱいレンズを持っていくと荷物がかさばるのでほとんど高倍率ズームレンズしか使ってないんですけどね笑

また、カメラの可動式モニターを活用することで、ローアングルからの撮影が楽になります。
可動式モニターとは、簡単に言うと、 ぐるぐる回して自分の見やすい位置に持ってこれるモニターのことです。
こんな感じでモニターが動きます。

バイクはローアングルから撮ると、だいたいかっこよくなるので可動式モニターはかなり使えます。

ツーリングの目的が増える

一眼レフやミラーレスで写真を撮るようになると、バイク写真を撮るのが楽しくてしょうがなくなります。
今までは、ツーリング先でご飯食べていい感じのスポットに行って、記念に写真撮って帰るという人がけっこう多いんじゃないかなと思います。
一眼レフやミラーレスで写真を撮るようになると、行きや帰りや目的地でバイクの映え写真を撮るという目的も加わります

僕が一眼レフを買わなかったらきっとこんな写真は撮らなかったです。

また、バイクの写真を撮りに出かけるということも増えます。
夜にバイクの黒抜き写真を撮りに行ったり、近くの映えスポットにバイクの映え写真を撮りに行ったり。
そうなると、バイクで走る目的が増えて、バイクがもっと好きになるし愛着が湧きます

SNS映えする

一眼レフやミラーレスで写真を撮るようになると、バイクと背景の割合、バイクを写真のどこに置くか、どの距離で撮るか、光の向きなどいろいろ考えて写真を撮るようになります。
そのようにして撮った写真をSNSにアップするといろんな人から反応がもらえたりします。

また、インスタグラムでは、自分のプロフィールの写真がバイクの写真アルバムみたいになるのでとてもおすすめです。
僕のアカウントはこんな感じになってます。

一眼レフやミラーレスを使うことのデメリット

これまでは、バイクと一眼レフやミラーレスの相性のいいところを紹介してきました。
でも、一眼レフやミラーレスで写真を撮ることにはデメリットもあります。

一眼レフやミラーレスを使うことのデメリット
        
  • 荷物がかさばる
  • スマホみたいに気軽に撮影はできない

荷物がかさばる

一眼レフはけっこう重たいし、大きいです。
なので、荷物がかさばります。

ミラーレスは一眼レフよりは軽いし、小さいんですけど、やっぱりかさばります。

また、レンズにこだわりがある人は、レンズをいくつか持ち運ぶこともあるかもしれないので、だいぶ荷物がかさばります。
レンズもけっこう重たいし大きいのがありますからね。

でも持ち運べないわけではないです。普段よりもちょっと荷物が増えるくらいですね。
僕はいつもショルダーバッグに入れて持ち運んでます。

スマホみたいに気軽に撮影はできない

一眼レフやミラーレスで撮影をするときにはこんな感じでシャッタースピードやF値などを設定する必要があります

スマホはシャッターを押すだけですよね。めっちゃ簡単です。
なので、一眼レフやミラーレスはスマホと比べると写真を気軽に撮ることができません。
そのため、ツーリングの思い出に気軽に写真を撮りたいという人にはちょっと不向きかもしれないです。

しかし、一眼レフやミラーレスにも撮影の時に必要な設定を自動でやってくれる機能がついてるものがあるので、それを使えばだいぶ気軽に撮れると思います。

ちなみに僕は設定を全部自分でするマニュアルモードで撮ってます。
こっちの方が手間がかかるけど、写真の幅が広がるので好きです。

まとめ

どうでしたか?
繰り返しになりますが、バイク×一眼レフ(ミラーレス)は最強です!
ただ、一眼レフやミラーレスを使う上で、デメリットもあるので、そういった面もしっかり考えてもらえればなと思います。一眼レフやミラーレスってけっこう高いですからね笑

というわけで今回は、バイク×一眼レフ(ミラーレス)の魅力についての記事でした!

おわり

関連記事:バイクの映え写真スポットの探し方

バイクの映え写真スポットの探し方について解説している記事があるので良かったらどうぞ。
また、この記事では、熊本・久住のマイナーな映え写真スポットを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です