この前リアタイヤに釘が刺さっていて萎えたあやとです。

皆さんバイクのタイヤの空気圧は気にしていますか?
バイクのタイヤの空気圧は、高すぎても低すぎてもだめです。

というわけで今回は、バイクのタイヤの空気圧についてのお話をしていこうと思います。

バイクのタイヤはそれぞれの車種に指定の空気圧がある

バイクのタイヤの空気圧はそれぞれのバイクで指定されています。
だいたい、フレームやチェーンガード、スイングアームなどのラベルに記載されています。
こんな感じですね。

もし、ラベルが剝がれていたり、汚れていて見えなかったりする場合には、ネットで自分のバイクを検索すれば空気圧を知ることができます。

バイクのタイヤの空気圧をチェックする頻度

バイクの空気圧は月に1回チェックするのが理想です。
タイヤの空気は分子レベルでタイヤのゴムを通り抜けて外に出て行ってしまいます。
なので、乗っていても乗っていなくても、パンクしていなくても空気は少しづつ抜けていってしまいます。
なので、月に1回バイクのタイヤの空気圧をチェックするようにしましょう。

空気圧をチェックする方法

バイクの空気圧は、ガソリンスタンドやバイク屋さんに行けば見てもらえます。
もし自分で空気圧を見たいときには、エアゲージというものがホームセンターやネットで売っているので、それを使えば自分で見ることができます。

バイクにエアゲージを使う時には、ホースに対してバルブ差込口が直角のやつが使いやすくておすすめです。直角じゃないと、ブレーキディスクに干渉したりして使いにくいです。

こんなやつですね。

タイヤの空気圧が高いときや低いとき

タイヤの空気圧が高いときや低いときにはタイヤの本来の性能を発揮できなかったり、事故につながる恐れがあります。それでは一体どうなるのか見ていきましょう。

バイクのタイヤの空気圧が高いとき

バイクのタイヤの空気圧が高いときにはこのようになります。

        
  • 取り回しが軽くなる
  • 乗り心地が悪くなる
  • 燃費が良くなる
  • グリップが悪くなる
  • タイヤの減りが少し遅くなる
  • 破裂する

タイヤの空気圧が高くなると、地面との接地面積が減り、抵抗が減ります。
そうなると、取り回しが軽くなり、燃費が良くなります。また、地面との抵抗が減るのでタイヤの減りも少し遅くなります。
ただ、タイヤと地面の接地面積が減って抵抗が減るということは、グリップが悪くなるということにもつながります。グリップが悪くなると、バイクをバンクさせた時に滑りやすくなり危ないです。
また、空気圧が高いとタイヤがあまりたわまないので、地面からのギャップを吸収しきれなくなってしまうので、乗り心地が悪くなります。
また、タイヤに空気を入れすぎると、破裂する危険性もあるので入れすぎには気を付けましょう。

バイクの空気圧が低いとき

バイクのタイヤの空気圧が低いときにはこのようになります。

        
  • 乗り心地が悪くなる
  • 取り回しが重くなる
  • 燃費が悪くなる
  • グリップが良くなる
  • タイヤの減りが早くなる
  • 低すぎるとタイヤが滑る
  • バンクさせづらくなる
  • バンクさせるとフロントタイヤが切れ込んでくる

バイクのタイヤの空気圧が低いと、空気圧が高いときとは逆に、地面との設置面積が増え、抵抗が増えます。そうなると、取り回しが重くなり、燃費が悪くなります。また、抵抗が増えるので、タイヤの減りが早くなります。しかし、タイヤのグリップは良くなります。
また、空気圧が低いと、タイヤがよくたわむので、地面からのギャップを吸収してくれて乗り心地はよくなります。

バイクのタイヤの空気圧が低いとグリップが良くなるし、地面からのギャップを吸収してくれて乗りやすくなると聞くと、お財布を犠牲に安全に運転できそうに聞こえますが、タイヤの空気圧が減りすぎると非常に危険です。
バイクのタイヤの空気圧が低すぎると、タイヤが滑るようになります。これけっこうびっくりするくらい滑ります。また、バイクをバンクさせずらくなります。空気圧が低すぎると、バイクが直立を保とうとしてしまうので、体重を大きくイン側に移動させなければなかなか曲がれません。
曲がれたと思ったら、今度はフロントが切れ込んできます。これハンドルが重いしだいぶ怖いです。セルフステアがめっちゃ重くなってより強くかかる感じです。

なので、タイヤの空気圧管理は気を付けましょう。

バイクのタイヤに空気を入れるやり方

バイクの空気圧が適正じゃないときの症状について分かったところで、次は空気を入れるやり方について解説していきます。

バイクの空気は以下の方法で入れることができます。

        
  • ガソリンスタンド
  • バイク屋さん
  • 自宅の自転車用の空気入れ、エアコンプレッサー

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでは、無料で空気圧をチェックしてくれて、空気を入れてくれます。
ガソリンを入れるときについでに空気圧をチェックし、空気を入れましょう。
ただ、バイクのブレーキディスクに干渉してエアバルブを付けれないことがたまにあるので、そこだけ気を付けてくださいね。

バイク屋さん

バイク屋さんでも空気圧をチェックしてくれて、空気を入れてくれます。
ガソリンスタンドが不安な方は素直にバイク屋さんに行きましょう。
バイク屋さんでは、窒素を入れてくれるところもあります。窒素を入れるときは少しお金はかかりますが、空気が抜けにくくなるし、タイヤが劣化しにくいなどいろいろメリットがあります。

自宅の自転車用の空気入れ、エアコンプレッサー

バイクのタイヤの空気は自転車用の空気入れでも入れることができます。
ただ、バルブの差込口の形状によっては、バイクのタイヤ使えないので、チェックしておきましょう。バイクのタイヤのエアバルブは米式バルブが多いので、米式バルブに対応している差込口の自転車用空気入れなら使うことができます。
自転車用空気入れを使う場合は、エアゲージを使用して空気圧をチェックしながら空気を入れるようにしましょう。

また、エアコンプレッサーを使う方法もあります。
自分の自宅にエアコンプレッサーがある方はこの方法が一番楽です。
エアコンプレッサーにエアチャックガンを付ければ簡単に空気圧をチェックしながら空気を入れることができます。
僕はエアコンプレッサーがあるので、エアチャックガンを使って自宅で空気を入れています。

バイクのタイヤの空気圧についてまとめ

バイクのタイヤの空気圧について知ることができたと思います。
意外と空気圧に対して無頓着な人が多い気がします。
バイクの空気圧が減るとだいぶ危ないので月に1回空気圧をチェックして、低いようなら空気を入れるようにしましょうね。
ただ、入れすぎには注意してくださいね。入れすぎも危ないので。

僕は空気を入れる前にまずバイクのタイヤのパンク修理をします。

 
 

追記:パンク修理しました!

やり方は下の記事で解説しています。とても簡単なのでパンクしてしまったとき自分で挑戦したい方はどうぞ!

(関連記事)バイクのタイヤのパンク修理のやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です