こんにちはあやとです。

今回の記事は、バイクを維持するために必要なお金についての記事です。

バイクの維持費ってどんくらいかかるん!!

という人多いと思います。
僕もバイク買う前は

バイク維持できるかなあ

と不安でした。

というわけでバイクの維持費について書いていきます。
今回は、中型のバイク編です!

大型バイク編はこちら!

免許まだ!という人は教習所についての記事と免許の種類の記事を張っておきますね。ぜひ参考にしてください!

中型バイクの維持費はこれくらい!!

中型バイクは、250㏄以下と、251㏄~400㏄で維持費が大きく変わってきます。

なぜなら車検があるからです。

車検は2年に一回なんですけど、だいぶお金がかかるので、大きな差になってくるんですよね。
というわけで、さっそく年間どれくらいのお金が必要なのかババーンと書きます。

~250㏄・・・ 年間だいたい310,000円

251㏄~400㏄・・・年間だいたい350,000円

こんな感じです!

やすっ!

と思った人も

たかっ!

と思った人もいるでしょう。
いったい何にこんなにお金がかかるのか。それをこれから見ていきましょう!!

バイクにかかるお金の内訳

バイクの維持にかかるお金の内訳はだいたいこんな感じです。

        
  • 自動車税
  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 車検
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • エンジンオイル交換
  • タイヤ交換
  • ブレーキパッド交換
  • チェーンの清掃・調整・グリスアップ
  • プラグ交換

結構ありますね笑

税金保険車検メンテナンスっていう感じですね。

今回の記事に載せてるメンテナンス項目は、だいたい1年に一回以上必要なものしか載せてないので、長い目で見ればもっと必要なメンテナンスが出てきます。

チェーン・スプロケット交換、ブレーキフルード交換などですね。

でもそれを言い出すとキリがないので、今回はだいたい年に1度交換が必要なものだけ載せました。

それでは、バイクの維持に必要なお金の種類について細かく見ていきましょう。

税金・保険・車検など

自動車税

自動車税は、毎年5月くらいに払わないといけない税金です。

この税金は、250㏄以下とそれを超える排気量で値段が違います。

排気量値段
~250㏄3,600円
251㏄~6000円

という感じになってます。

250㏄以下なのかそうではないのかでだいぶ違いますね。

ちなみに大型バイクでも自動車税は6000円です。

自賠責保険

自賠責保険は、バイクに乗るために絶対に加入しなければいけない保険です。

自賠責保険の値段はこんな感じです。

~250㏄

期間値段
12ヵ月8,650円
24ヵ月12,220円
36ヵ月15,720円
48ヵ月19,140円
60ヵ月22,510円

251㏄~

期間 値段
12ヵ月 8,290円
13ヵ月 8,560円
24ヵ月 11,520円
25ヵ月 11,780円
36ヵ月 14,690円
37ヵ月 14,950円

この表を見てみるとなぜか250㏄以下のバイクの方が値段が高いですね。

あと、長めに自賠責に加入する方が安く抑えることができます。
自賠責に加入するときにお金に余裕があればできるだけ長めに入るといいかもです。

しかし、251㏄以上の車検があるバイクは、車検のときに一緒に払います
車検は2年に1回なので、基本24ヵ月分払います。なので、11,520円ですね。

任意保険

任意保険に必要なお金は、保険会社補償内容バイクの排気量年齢によって変わります。

任意保険におけるバイクの排気量は、

        
  • ~125㏄の原動機付自転車
  • 125㏄~250㏄以下の軽二輪自動車
  • 250㏄~の小型二輪自動車

の3つに分かれています。

年齢も、

        
  • ~20歳
  • 21歳~25歳
  • 26歳~29歳
  • 30歳~

に分かれていて、だいぶ保険料が変わってきます。

任意保険はネット保険がかなり安いようです。

ちなみに僕の場合(大型バイク)は、20歳以下のときは月10,000円ちょいの保険料で、21歳以降は月5,000円くらいでした。
参考にしてください!!

車検

251㏄以上のバイクは車検を2年に1回(初年度登録から1回目の車検は3年後)受ける必要があります。

250㏄以下のバイクは受ける必要がありません

車検では、

        
  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 印紙代
  • 30歳~

がかかります。
自賠責保険は上の項目で解説している通りです。

重量税と印紙代はこんな感じです。

重量税

年数値段
初年度登録から13年未満3,800円
初年度登録から13年以上~18年未満4,400円
初年度登録から18年以上~5,000円

印紙代

自動車審査証紙代1,300円
自動車検査登録印紙代400円
用紙の印紙代50円
合計1,750円

重量税は、初年度登録からどれくらい年数が経っているのかによって金額が変わってきます

印紙代は、とりあえず1,750円かかるんやなと思ってくれればOKです。

自分で車検を通す「ユーザー車検」をすると、この金額だけで車検を受けることができます。
ユーザー車検は簡単で費用もかなり安く抑えることができるので、

車検通ればいいや!!

という人にはおすすめです。
ユーザー車検については今度記事に書きますね!!

ではバイク屋さんなどの業者に頼んだ時の費用はいくらなんでしょうか?

業者に頼めば、これらに加えて、

        
  • 代行手数料
  • 法定整備基本料金
  • 整備費用
  • 部品代

がかかります。

車検を通してもらうだけでだいたい約30,000円~50,000円くらいです(バイク屋さんによって変わります。)
消耗品の交換など、車検前の整備を含めるともっとかかります。
整備の内容によって値段はかなり変わってきます。

車検はお金がかかりますね笑

ガソリン代

これは、どれくらい走るかやそのバイクの燃費によって変わってくるので人によります。

ちなみに僕は、燃費が大体リッター12㎞で、週5で30㎞くらい乗って、ツーリングも行って、1万5千円行かないくらいです。

中型バイクはだいたい燃費がいいので、これより全然安く済むと思います。
参考にしてください!

駐車場代

バイクを停めるための駐車場代が必要なところがあります。

一軒家の人はいらないですね!

一軒家の人はきっとうれしくてフラダンスを踊っていることでしょう。

アパートやマンションに住んでる人には痛い出費かもしれませんね。
特に都会とかになってくると、駐車場代が結構高くついたりします。

駐車場代は場所によって変わってくるので、バイク買う予定がある人は確認しとくといいと思います!

メンテナンス

バイクのメンテナンスもちょこちょこお金がかかります。

この記事で上でも話した通り、だいたい1年に1回以上交換が必要になってくるものだけ載せています。

どれくらいバイクに乗るかによって変わってきますけどね笑

エンジンオイル交換

エンジンオイルは3000㎞に1回か半年に1回変えた方がいいです。

中型バイクの場合は、オイルのメーカーや種類にもよりますけど、大体1L当たり1,500円くらいですね。

バイク屋さんなどに頼む場合は、

オイル代+工賃(だいたい1,000円くらい)

になります。

より細かく知りたい場合は、自分のバイク(乗りたいバイク)のオイル量を調べて計算してみるとだいぶ具体的な金額が分かると思います。

タイヤ交換

タイヤ交換は結構お金がかかります。
タイヤの種類にもよりますが、工賃込みで前後40,000円くらいです。

安くタイヤ買って持っていったら安くなるんじゃね??

と思った人。
実はタイヤ持ち込みの方がめっちゃ高くなります。気を付けましょう。
ホイールを自分で外して持っていくと少し安くなるみたいですけどね。

ブレーキパッド交換

ブレーキパッドはブレーキを効かせるための大切な部品です。
ブレーキパッドは薄くなってきたら交換です。
ブレーキパッドの種類や運転の仕方にもよるんですが、だいたい10,000㎞くらいで確認してみるのがいいと思います。

ブレーキパッドの交換は1キャリパー当たり7,000円くらいです。

チェーンの清掃・グリスアップ・調整

チェーンの清掃・調整・グリスアップはだいたい2,000円~3,000円くらいです。
チェーンの清掃とグリスアップは500㎞走行ごとか、雨天走行後にした方がいいです。
でも自分でできる人はともかく、お店にもっていく人は、

そんな頻繁にできるかーーー!!!

と嘆いていることでしょう。
さすがに500㎞ごとはスパンが短すぎるので、チェーンを見て

きったな!!

と思ったときと、雨天走行後でいいと思います。
でもチェーンのメンテナンスを怠ると、チェーンとスプロケットの寿命を縮めてしまうので、できるだけ頻繁な方がいい気がします。

そんな僕は最近はやる気が出らずにあんまりチェーンのメンテナンス怠りがちです笑

プラグ交換

プラグは、エンジンを動かすための大切な部品です。
プラグはだいたい10,000㎞くらいが交換時期ですね。
プラグ1本の値段がだいたい2,000円くらい(イリジウムプラグの場合)です。
プラグ交換の工賃は、だいたい1,000円前後という感じですね。

プラグ交換一本あたりの料金は3,000円くらいといった感じですかね。

プラグ交換をするのに外さないといけない部品が多い場合には工賃が高くなってしまいます。
プラグの数は、エンジンの気筒数分だけ必要なので、気筒数が多くなってくるとその分値段が高くなっていきます。

まとめ

今回は、中型バイクにかかる年間維持費についての記事でした。

もう一度年間維持費を見てみると

~250㏄・・・年間だいたい310,000円

251㏄~400㏄・・・年間だいたい360,000円

でした!

もちろんバイクや乗り方、バイク屋さんによって変わってきますが、具体的にだいたいこれくらいというのが分かればめっちゃ参考になるのではないでしょうか!

年間でだいたいこれくらいなら学生でも全然維持できると思います!
しかも少しづつお金が飛んでいくので、そんなに維持費気にならないです!

バイク買っちゃいましょう!

それでは今回は以上です。ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です